債務整理ガイド

詐欺,被害,悪質,手口



架空請求詐欺とは、根拠のない請求を行い金品を騙し取ることです。
手紙・はがき・メールなど、使った覚えのないアダルトサイトや出会い系サイトの情報料、消費者金融の借金など、何の根拠もないことを理由に「支払いや連絡なき場合は法的措置をとる」などと請求したり、指定した連絡先へ連絡をとらせようとするものです。
中には、裁判所などの公的機関名をかたるケースもあります。
そして、送金方法として、金融機関への口座への振込みのほか、エクスパックを利用した郵送や直接受取などの手口もあります。

刑法としては、架空の請求を行った者に対して詐欺あるいは恐喝罪が適用されることがあります。

心当たりがない請求や、よく分からない請求内容のハガキやメール、突然画面に現われた請求書等は架空請求の疑いがあります。
そんな時はまず、落ち着いて家族や消費者センター等に相談しましょう。

安易な行動が架空・不当請求の被害へつながります。
自分自身の行動には責任を持ちましょう。

気になる内容でも、行動される前にもう一度よく考えてみてください。

@身に覚えのない請求は無視しましょう。
A不用意に連絡しない。
B個人情報を教えない。
C『債権譲渡・債権回収』という言葉には要注意。
D『裁判にする』『直接回収に行く』などという言葉に惑わされない。

そして、身に覚えのない架空請求に応じたりしないでください。
間違って一度でも支払うとカモになり、何度でも請求されます。
その際に誤って連絡したり、支払ったりした場合には、証拠品(ハガキなど)を保管しておきましょう。
架空請求かな?と思ってら、まず落ち着いて家族や消費者センター等に相談しましょう。


Homeへ戻るページのトップへ戻る